【その日にバイト代】日払いアルバイト・パートのメリット・デメリット
スポンサーリンク

日払いのバイトの魅力は仕事終わりにバイト代が入るが、メリット・デメリットを考えて決めよう。

日払いアルバイト・パートのメリット・デメリット

バイトしてその日にもらえる、すぐにお金が必要になったとき、その日のうちに現金が手に入る日払いアルバイトは本当に助かりますよね。
最近では副業解禁の流れから、平日は正社員として働き、休日に日払いアルバイトをしている人も増えています。この記事では日払いアルバイトのメリットやデメリットや混同しやすい『日払い』『日雇い』の違いを解説していきます。
スポンサーリンク

日払いアルバイトのメリット

現金がすぐに手に入る

日払いアルバイト最大のメリットといえば仕事が終わった直後にお給料が手に入ることでしょう。一般的な仕事では給与の支払いは銀行振り込みがほとんどで給料が振り込まれるのは15日~1カ月と時間差があります。
支払いが迫っている際や冠婚葬祭で突発的な支出があるときには仕事をしたのに給料がすぐに振り込まれないと本当に困りますよね。
日払いアルバイトは現金手渡しをしているアルバイト先も多いです。
お金の電子化が進んでいますが、やはり現金が一番使い勝手がよく便利ですよね。

単純な仕事が多い

日払いアルバイトにもいろいろな職種がありますが、どの職種でも即戦力となる人材が募集されています。
給料が多い仕事は資格や経験が必要である場合がありますが、誰でも応募できる仕事は単純な仕事がよく募集されています。
「資格や経験はないけど、とにかく収入を増やしたい」という方には未経験の職種でも十分にチャレンジすることができます。

面倒な人間関係がない

仕事が嫌になることといえば、職場や取引先との人間関係ですよね。
プライベートでは絶対に関わりたくないけど、仕事ではどんな人でも一緒に働かなくてはなりません。しかも、正社員となれば何年間も一緒に働くことになるのでストレスがどんどん溜まってしまいますよね。
日払いアルバイトでは長い期間一緒に働くわけではないので、面倒な人間関係は比較的少ないと言えます。
スポンサーリンク

日払いアルバイトのデメリット

単純ゆえ、体力が必要な場合も
日払いアルバイトのメリットとして単純な仕事が多いことを挙げました。
しかし逆に言えば体力が必要だったり、長い時間で単純な作業を黙々とやる仕事が多いです。特に建設現場や工事現場といった現場系の仕事、スナックなどの夜の仕事系はたくさんの募集がありますが、人を選ぶ職種かもしれません。

日払いと日雇いの違いは?

よく混同するワードとして、日払いアルバイトと日雇いアルバイトがあります。
日払いアルバイトは基本的にその日に給料が支払われますが、雇用自体は継続するので、翌日以降も雇われて働く可能性があります。
日雇いアルバイトは1日限りで雇用されるアルバイトを意味します。
給料の支払いはその日だったり、翌日以降に振り込まれたりとさまざまです。
求人票には日払いと日雇いを混同して記載されていることがあるので、以下のポイントを確認してから応募するようにしましょう。
・給料の支払日
・給料の支払い方法(手渡し
・銀行振り込み)・雇用形態

まとめ

 

実際に面接に行くと求人票に記載されている内容と条件が異なることはよくあります。働き始めてからトラブルにならないよう、疑問に思うことは面接のときに確実に質問しておきましょうね。

 

気になる情報はこちら

当サイト申し込み人気ランク

 

 

1位 トヨタ期間工 期間工jp

2位 ホンダ期間工 期間工jp

3位 スバル期間工 期間工jp

 

 

 

 

気になるなる方は最後まで見てね!!

 

 

 

 

1位 TOYOTA
総合評価
安定、継続率、短期長期間
安心して応募できる。
初回更新、3ヵ月で始めやすい
日給10000~1080
時給1360~1469
総合評価 1位

 

2位 HONDA

40代・50代が応募できるおすすめ。

年齢と食事で考えると1位

初回更新3ヵ月で始めやすい

業界1位の初回日給10300~スタート
他社と比較して仕事が楽な感じ!
満足度 1位
食事が美味しい
食事無料(1日1食)

 

3位 SUBARU
最大手当 6ヵ月/合計227
残業で稼ぐスバルリピーターが多く人気
関東近郊1番人気メーカー
車の持込みOK。
選考会参加費は参加後21日以内もしくは入社確認後※規定有
入社祝い金は入社後35日以内に振り込まれます※規定有

 

 

カテゴリー
スポンサーリンク
おすすめの記事